スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凍える牙 乃南アサ


深夜のファミリーレストランで突如、男の身体が炎上した!遺体には獣の咬傷が残されており、警視庁機動捜査隊の音道貴子は相棒の中年デカ・滝沢と捜査にあたる。やがて、同じ獣による咬殺事件が続発。この異常な事件を引き起こしている怨念は何なのか?野獣との対決の時が次第に近づいていた…。女性刑事の孤独な戦いが読者の圧倒的共感を集めた直木賞受賞の超ベストセラー。凍える牙 乃南アサ


炎上事件に継ぎ、獣による咬殺事件。
立川中央署に設置された特別捜査本部の中では
貴子に対し「女」というだけで流れる嘲笑の空気。
相方の滝沢は不機嫌な態度を隠さず
皇帝ペンギンのような後ろ姿を見せるだけで
貴子を無視したまま捜査を進める。
ため息。

人を襲った獣は
歯形の大きさ力の強さ、足跡から
犬とオオカミの血が入った
オオカミ犬ではないかと推測される。
被害者がつながりはじめ
決して闇雲ではなく狙いを定めた犯行、
そこには人を襲うための高度な訓練、
背後にいる「飼い主」の存在が浮き出てくる。
そして、警察犬の訓練士に旗が立つ。

貴子は夫の不倫により離婚をしている。
滝沢も3人の子供を残して、妻に逃げられている。
警察という現場で必死に働いた結果
家族を顧みなかった罪悪感を知るふたりは
徐々に信頼関係を築いていくようになる。
そして突き詰めた警察犬の訓練士、高木。
その男も
悲しいほどに警察の事情にまみれていた。

高木の娘は17歳の時、シャブ中で病院に運び込まれた。
ひどくなる娘の非行に
これ以上、警察にはいれないと退職を決意する高木。
仕事のために家庭を犠牲にしてきたせいだと
自分を責め悩み
精神障害が残る娘に寄り添い生きてきた。
娘(笑子)26歳。
徐々に回復する娘が話すようになり
出てきた昔の仲間たちの名前。
高木は娘を陥れたその人々に復讐を果たそうと
オオカミ犬の訓練はじめる。
その名は「疾風」。

オオカミ犬が飼い主に寄せる絶対的な信頼。
強烈な存在感。威厳、気品、知性。
高い身体能力と意思をもつ、誇り高き生き物。
貴子は知れば知るほどにオオカミ犬
疾風に魅入られていく。
特捜隊の中でもトカゲと呼ばれる特殊任務につく貴子。

女性蔑視の職場での特殊任務のプレッシャー。
仕事により失った結婚生活と心配性な母親
妹の不倫、自殺未遂まで起こすが
話を聞くことも駆けつけてやることも
何もしてあげることができない…
なにもかもが仕事中心の生活。
そして、体力の限界。
なにかを見失いそうになりながらも
疾風をひとりバイクで追うこととなる貴子。

そして現れた疾風。
そこにいたのは見まごうことなくオオカミ犬の
凛々しい疾風だった。
逃げる疾風をバイクで追う…から
どこかに向かう疾風についていくように
ふたりで自由に走ることの爽快感を味わう。
思わず貴子が転倒し、あわや見失うかと思われたその時!
そして疾風のラスト・・・!

家や家族を失っても
目的を見失わず、孤独に耐え
ただひたすらに使命を果たすオオカミ犬。
飼い主を信じ抜き、自分を信じ抜く魂の崇高さ。
美しい。とても美しい疾風。
人を信じることをやめ
目的も見失いそうになりながらも
任務を果たす貴子。
氷となった心が溶けていくような
美しくも哀しい話だった。

が、しかし。
犬!!!
わかっていたはず。
犬が疑わないことを。
知っていたはず。
犬が裏切らないということを。
利口な犬だけに
その哀しみさえ理解していたのではないかと思う。
動物は人間の言葉を理解しても話すことはできない。
もし疾風が口をきくことができたら
なんと言いたかったか。
それでもやっぱり何も言わなかったかな。
疾風の瞳が目に浮かび、胸が痛くなる。
犬は愛らしく哀らしい。

theme : 読んだ本
genre : 本・雑誌

森博嗣 まどろみ消去


大学のミステリィ研究会が「ミステリィツアー」を企画した。参加者は、屋上で踊る三十人のインディアンを目撃する。現場に行ってみると、そこには誰もいなかった。屋上への出入り口に立てられた見張りは、何も見なかったと証言するが…(「誰もいなくなった」)ほか美しく洗練され、時に冷徹な11の短編集。
森博嗣 まどろみ消去



 ・空虚の黙祷者
夫が殺人の疑いをかけられ失踪した。
妻である女と夫の親友であるお寺の住職。
プロポーズの真意は?

 ・純白の女
夫に手紙をつづるユリカ。
ユリカを追いかけてきてしまった少年。
そんなユリカの話を聞き続ける星川先生。
ある日、火事が起こる。
夫は少年は、そしてユリカは…
先生は、最後まで黙っている。

 ・彼女の迷宮
小説家の夫の名前を騙り勝手に小説を書き進める朝倉サキ。
ラストがおかしい刑事物。
つじつまの合わない物語のしめくくりをどうするのか?
自分とは似ても似つかない小説の登場人物に嫉妬する話。

 ・真夜中の悲鳴
セラミックスの内部のヒビ割れを研究する大学院生スピカ(女)
地面の微動を研究しているトミオミ(男)
夜中に実験をしていると
新発見と思われる数値が計測されるが
おじさんが銀細工していた振動だったという、謎なオチ。
そもそも名前がおかしいのよ。
なに、スピカって。

 ・やさしい恋人へ僕から
漫画同人誌を描く主人公の「僕」。
突然現れた金髪で中性的な印象のスバル氏。
僕は、スバル氏とキスをしたあの日から
変わったらしいけど…。
「孫にあげるのはヴェルタース・オリジナル。
何故なら、彼もまた、特別な存在だからです。」
んなかんじ?

 ・ミステリィ対戦の前夜
N大ミステリィ研究会の合宿に参加する西之園モエ。
部員たちのミステリィ作品発表を適当に酷評するモエ。
翌朝、部長、岡部の死体が発見される。
その部屋にいたのはモエだけ。そしてそれは密室殺人。
殺人の目的は?動機は?
な~んちゃってって声が、本当に聞こえてきた。

 ・誰もいなくなった
大学院生が学内で行うミステリィツアー。
フカシを誘うヨーコ(西之園モエの友達)
参加者はミス研の誘導に従い、学内をウロウロし、
見張りを残した建物の屋上に
火を焚き踊る30人のインディアンを目撃する。
しかし、見張りはインディアンどころか
誰も人を見ていないと言う。
30人のインディアンはいずこに?
そこに、さっきのモエがフカシにちょっかい出しに出てくる。
ちょっかいなのかどうなのかも定かじゃないけど
なんだかそこだけ丁寧に説明されているから気になるじゃないか。
が、その後、何の展開もなく伏線でもないモエが謎。
最後にインディアンがどうなったかを
あっさりと解決するのが助教授ってのも謎。
それでモエの機嫌が悪くなるのも謎。(思春期?)
誰もいなくなってないですけど?
これらの謎は最後まで意味がわからない。
私、バカなのかな?

 ・何をするためにきたのか
え~?ドラクエ?
段々、結末が適当になってきている気がする。
大丈夫なのだろうか。この本…。

 ・悩める刑事
夫は警察官。事件の話を聞きたがる妻。
実は実はのどんでん返し。
…なんでもありなのかいな?

 ・心の法則
モルタルを塗り重ねるって言われた時点でね…。
というか、そんなに重ねちゃったら
壁が迫り過ぎ、部屋が狭すぎになるのでは?
不自然!

 ・キシマ先生の静かな生活
ん~。ホント、静か。


翻訳本みたいなミステリィ小説だと
勝手な想像で読み進めてしまったため
全然ミステリィじゃないじゃんと
変な気持ちで読み終えた…。
ま、よくよく眺めてみたら
どこにも「ミステリィ小説です」とは書いてなく
ただただ、英語のサブタイトルやらを見て
私が勝手に読み方を間違えていたのだけれど
それにしても…それにしても。
なにか、こう、オチというかヒネリというか
ちょっとも先回りしてくれないような話に
さらに、なんだかとても適当な終わり方…
これで話が成立しているのかどうか大丈夫?
と、心配にすらなってしまった。

読み返した今、
自分の読み方間違いについてわかったのだけど、
だからといって、内容に納得できた訳ではないという
ことの次第を記録しておこうと思う。

theme : 読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 森博嗣 まどろみ消去

嗤う男 福澤徹三

福澤 徹三
双葉社
発売日:2009-07-16



七つの短編に登場するのは、小学生の娘をもつ母親や、仕事のストレスで疲弊している中年男など、どこにでもいる人々そんな彼らがいつもの生活と隣り合わせにある、絶望と恐怖の陥穽をのぞいてしまった瞬間、ごく当たり前の日常が恐怖の風景に変わっていく…。階段とホラーの名手が描く、怖くて奇妙な味の短編集。

じわじわ恐い。
しみじみ怖い。
ありふれた日常と隣り合わせにある絶望と狂気の世界。それを覗いてしまった人々の崩壊を描く短編集。
この作品に収められた小説の数々は、はじめに怪異ありきの物語ではない。立ち現れる怪異は、あくまで人間の行為が、そして思いが積み重なった「結果」だ。派手なモンスターも、怨念の塊となった異形も出てこない。
だから、怖い。
日々の営為の繰り返しこそが、破滅の水源だと、主人公たちが体現するのだから。(門賀美央子「解説」より)



・ピースサイン
ピースして写真に写ったら死ぬという迷信を
信じて信じて信じぬく主婦の話。

・帰郷
ヤクザな生活から彼女と逃げることにした男が
死んだ母親の故郷へ行き、祖父の霊を見る話。

・憑かれたひと
お墓の上に立てられたという噂のある
百貨店に勤める男が最悪な上司に
霊の白い陰を見てしまう話。

・夏の収束
パチンコ狂の一夏の話。

・真実の鏡
長年勤めた会社をリストラされ
ようやく転職した会社で冷遇され
家族に見捨てられ死んでしまう男の話。

・狂界
頑固な父親とふたりで暮らす男が
飲み屋の女にそそのかされ
父を殺し女も殺す話。

・嗤う男
飲み屋の女に入れあげ
サラ金を借りまくってケツまくる男が
嗤う男は自分だったという話。

人間、追いつめられると発狂する。
悪い人が近寄ってきて
悪い考えに巻き込まれ…
悪いことは全て被害者意識になる人は怖い。
努力しても報われず
助けてくれる人も現れず
奇跡なんて起こる訳もない。
悪い方向に進んでしまう負の連鎖。
あとちょっと、あとちょっとと
沸点に近い人たちが
世の中ごろごろしていそうな気持ちにさせられる。
「年明け」なんかはとってもめでたい気持ちになるのに
同じ明けるんでも
「週明け」のドロドロした気持ち。絶望的。
見方を変えたら私も…と思う。

夢も希望もないと断言される話は
ちょっと現実っぽくて困る。
だって通勤電車で読んでいるのだもの。
本を読んでオンオフつけているところがあるのに
ドロドロした気持ちが延長されちゃ困るのだ。
じゃ、読まなきゃいいのにとも思ったが
途中でやめるほど深くも熱くもないので読み切った。
が、やっぱり後味悪い本でした。

やる気が本当に萎えてしまう恐怖。
人間て自分て本当に怖いと改めて。

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

帚木蓬生 臓器農場

新任看護婦の規子が偶然、耳にした言葉は「無脳症児」。病院の「特別病棟」で密かに進行していた、恐るべき計画とは何か?真相を追う規子の周囲に、忍び寄る魔の手…。医療技術の最先端「臓器移植」をテーマに、医学の狂気と人間の心に潜む”闇”を描いた、サスペンス長編。現役医師としてのヒューマンな視線、山本周五郎賞作家の脂の乗り切った筆致が冴える、感動の名作。帚木蓬生 臓器農場



新米看護婦として病院に就職した規子。
同僚、先輩看護婦、病院の先生と患者さんたちと出会い
新しい環境の中で素直に成長していく。

ある日、規子は病院近くで妊婦さんと男の人が
「無脳症」について話すのを聞いてしまう。
気になる気になる気になる。
無脳症って出産しても死んでしまうのでは?
なぜ死んでしまうのがわかっている無脳症の子供を
妊娠、しかも出産の話をしているのか?

勤める病院は臓器移植で有名。
ドナーはどこからくるのか?
立ち入り禁止されている特別病棟について
まことしやかに流れる噂と絡め
同期の看護婦となにかと協力的なドクターと一緒に
病院の謎について調べはじめる。

規子は毎日通勤するケーブルカーの
運転士、藤野茂さんと出会う。
藤野茂さんは人より頭が大きく
一目で障害があるということがわかる。(ということが後からわかる)
彼は、脊椎が割れ脳神経が未発達で生まれてきたという。
「頭には少し後遺症があるけれど根性は心臓にある
心臓は悪くないのだから、根性をきたえろ」
という教育をされ、実直にとても素直に成長した彼は
「死んだほうがいいと思ったことは一度もない。」と答える。力強い。
規子にほのかな想いを寄せる藤野茂は
ケーブルカーに乗ったお客さんの顔を決して忘れないというすごい能力
模型を作ることの天才
なによりも等身大の自分を知っている強さがある。
無垢な聡明さがほほえましい。

物語は規子とその仲間が無脳症について深く調べていくことになる。
ある日、ドクターが不慮の事故で亡くなってしまう。
同僚の看護婦も突然の自殺で死んでしまう。
どんどん人が死んで行く。
これが偶然な死などではないと信じる規子は
ひとりで核心に迫って行くこととなる。
建物の不自然な造り、
その中に無脳症児を育成しているという部屋を見つけ
尊敬する先輩とドクターが病院の秘密に関わっていることを知る。
どこか人並みはずれた感性と行動力で
規子を勇気づける藤野茂に協力を得て
ついに、病院の実態が明るみに。


障害児を妊娠してしまったという妊婦は
自分のせいで子供を死なせてしまうと
罪悪感に苦しみ、自分を責め続けてしまう。
例え出産してもすぐに、死んでしまう子供。
産むかどうかの選択を迫られる。
死産の可能性も高い。
生まれたのちに育つことはない無脳症児。
ただひとつ
その臓器を提供し、
他の子供に移植することにより
役に立つことができるという意義ができるという。

臓器移植を多く行いたいがドナー不足に困っている病院。
妊娠中のある時期にビタミンを与えることで無脳症児ができるということを
マウス実験で発見したドクターの野望。
ドナーが見つからず、子供を亡くした看護婦。
障害児を妊娠したことで罪悪感を抱える妊婦。
はたまた、お金に困っている若い女性。
全ての利害関係が一致する臓器農場

倫理に関わる問題も関わる人で見え方が変わる。
欲望と大義をもったどす黒い強さと
無垢でまっすぐな人間のしなやかな強さを語る
610ページもあるちょっと分厚い本。
夢中で先読みするというより
最初からわかっていた解答を答えあわせしていき
規子や藤野茂などの無垢な人物に触れて行く
心地よさがある話だった。

読み方がわからないと
変換することもできない難しい名前の著者。
帚木蓬生(ははきぎ ほうせい)さんの描く人は
芯があり、人を傷つけない。

利害や善悪が渦巻き、白黒がつかないことが多い日常。
不本意ながらも
天秤にかけ、損得をはからなければならないことも多い。
さらに、他人のイライラに傷つけられるのではないかという警戒心、
些細なことにも敏感に反応してしまうぴりぴりとした緊張感
いわゆるストレス状態、
人との軋轢が普通になってしまっている毎日が
実は違うんじゃないかと気持ち改めさせられた。
ふとした親切、優しさ、純粋で無垢な人と触れると
思わず涙が出そうになってしまうこと自体
異常なんだな。
優しい気持ち、穏やかな気持ちを思いださせてくれる。
グロい話なのに
ほっとしながら読める不思議な本でした。


theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : 帚木蓬生 臓器農場

帚木蓬生 閉鎖病棟


とある精神科病棟。思い過去を引きずり、家族や世間から疎まれ遠ざけられながらも、明るく生きようとする患者たち。その日常を破ったのは、ある殺人事件だった…。彼を犯行へと駆り立てたものたちは何か?その理由を知る者たちは…。現役精神科医び作者が、病院の内部を患者の視点から描く。淡々としっつつ優しさの溢れる語り口、感涙を誘う決末が絶賛を浴びた。山本周五郎賞作。帚木蓬生 閉鎖病棟



生まれもって遅い人、
事故や環境で障害が残った人
なにが原因かわからないが
いつの間にか居場所を失いつれてこられ
集まった精神病棟の患者たち。

規則正しく動くことしかできない人と
規則正しく動くことができない人が
病院の中での限られた空間で
不自由ながらもどこか調和をとって生きている。
家族を求め、人とのつながりに温かみを感じる。

淡々と患者の生活が語られ
徐々に見えてくる患者の過去や背景。
色々な理由がある人たちが
互いに許し合い
寄り添い
楽しみを見つけ
些細なことで喜びあえる仲間となっていく。
人から疎んじられ
のけ者にされてきた弱い者の「仲間」。

患者たちにとって病院の外に出かけることだけで大冒険。
ひとつひとつが忘れられない思い出となる。
今まで無為にやり過ごしていた長い時間が
 彼に会いに行こう
 彼女に話に行こう
 みんなで一緒に行こう
と、仲間の笑う顔を想像できるようになると
かけがえのない時となっていく。

そんなある日
病院に通う女の子が病院内の無法者にレイプされてしまう。
それを知った他の患者がその無法者を殺傷、
病院内での殺人事件を起きる。
殺傷した者は逮捕され裁判にかけられる。
仲間たちも
病院を退院したり
自立を試みたり
生きることを試行錯誤していくこととなる。

心ない人と精神病とはまったく別のもの。
人を生かすために
行動を起こせる勇気や優しさ
人がもってる全ての気持ちが沁み入る。
最後、裁判のシーンは
あまりに純粋で切なく
電車の中で涙が出てしまった。

「人の役に立つこと」を本気で考えたとき
人は本当に強くなるのだな、と思った。
他人を思いやり行動を起こすことは
なにか人の役に立つってだけでなくて
自分の気持ちを奮い立たせることになる。
これ、これが大事な気がする。
素朴で無垢な人たちに
純粋な気持ちを駆り立てられる本。
私は誰かの役に立てているかな?


theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : 帚木蓬生 閉鎖病棟

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

バブエット

Author:バブエット
気ままな読書が趣味の怠惰な会社員です。雑食系。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。