スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荻原 浩 誘拐ラプソディー


達秀吉は、金なし家なし女なし、あるのは借金と前科だけのダメ人間。金持ちのガキ・伝助との出会いを、「人生一発逆転のチャンス?」とばかりに張り切ったものの、誘拐に成功はなし。警察はおろか、ヤクザやチャイニーズマフィアにまで追われる羽目に―。しかも伝助との間に友情まで芽生えてしまう…。はたして、史上最低の誘拐犯・秀吉に明日はあるのか?たっぷり笑えてしみじみ泣ける、最高にキュートな誘拐物語。荻原浩 誘拐ラプソディー



荻原さんは「ほんっとにいい!」読んでいる間中、喜怒哀楽が壊れた方位磁石のようにくるくるまわる。最後に止まる「哀」「愛」にまたまたぐすり、ほろり。色んな涙が出ちゃいます。
と、紀伊國屋書店の方がプッシュしています。
ほんっとにいい!」って駄洒落まで言っちゃってます。本屋さんが。

人の感想に笑っちゃったのだけれど
言いたい事はよくわかるよ、紀伊國屋書店の方!
今回の愛らしいボケ役は伝助クン。
「さよならバースデイ」の「バースデイ」
「母恋旅烏」の「寛治」
そういうことか!とだんだんわかってきた気分で読破。
しかし、「伝助」と聞いたら思い出すのは釣りバカ。
浜崎伝助と同じ名前だよぉと思ったよ、まずはねまずは。


そしてお話は
ダメダメ大人の伊達秀吉とヤクザの息子伝助クンの
一応、誘拐ってことになってるけど
なんだかんだの旅物語。
被害者が犯人に
必要以上の同情や連帯感、好意などをもってしまう
ストックホルム症候群の逆な流れで進んで行く。
子供の成長を見守る話ではなく
ダメダメおやじの伊達秀吉の成長を
見届けなくては!となってくる。
どっちかっていったら
子供は子供でそりゃ、大変なんだよね、毎日。
ちょいと勇気のある子供なら
家出のひとつもしちゃうでしょうと同情できる。
コンビニ弁当をうまいうまいって食べちゃうのとか
そうかそうかと思ったもの。
伊達クンは前科もあり借金ありで義理にも欠ける絵に描いたようなダメ男。
ダメな上にどこかなめられてしまう要素があるんだろうね。
でもさ、伝助クンは警戒しないし
なにより懐の深い親方がいるって伏線。
素敵じゃないですか。ホロリですよ。

でもね、なにより
伝助クンの大人の世界にクビをつっこんだ
無垢な愛らしさがいいんだよね、やっぱ。
ぜひ、同じパターンできてちょうだい!と
願ってやまない荻原さんワールド。
期待を裏切ることなかったです。この本も。

人の心が動く瞬間に気がつける感性
ダメダメでも弱くても
どこかキュートで人肌を感じる瞬間がある。
そこをクスっと笑えるかどうかには
心の余裕が必要だったりもすると思うが
生活にお金に余裕がなくても
日々の小さな出来事にクスクスできる
心の余裕をもっていたいものである
という私の気持ちを心からの願いを
啓発させられるお話だった。
おもしろかったよ。

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

荻原浩 母恋旅烏


レンタル家族派遣業というけったいなビジネスを営む花菱家は、元は大衆演劇の役者一家。父・清太郎に振り回られる日々に、ケンカは絶えず借金もかさみ、家計は火の車。やがて住む家すらも失い、かつてのよしみで旅回りの一座にふっきすることになったのが…。はてさて、一家6人の運命やいかに!?刊行時、たっぷりの笑いと涙を誘い、最大級の評価と賛辞を集めた傑作!
荻原浩 母恋旅烏



「おもしろい小説が読みたいけど、何を選べばいいのかと悩んでいるなら、まずは、この作家の本を手にとってみてください。スリルとサスペンス、ユーモアとペーソス、小説を読む悦びがてんこ盛りにもかかわらず、胸焼けするどころか胸がじーんとなること必至。自信をもってお薦めします。
と帯に書いてあります。誰が書いたかはわかりませんが、薦められてみます。



日曜日の午後にやっている
ノンフィクションに出てきそうな家族のお話。

なんだかうまくいかないことが続くエピソードに
やもすると飽きてしまいそうだった。
(実際、途中で他の本を読み始めちゃったし)
が、各章ごと、
登場人物によって変わる語り口。
読むのを再開したらあっという間に読み終わった。

メインの視点になってる末っ子寛二クン。
その言動から最初は小学生かと思っていた寛二クン。
実は18歳だった。
多く説明されてないが、
ちょっと遅れぎみらしいおっとり感と
独特の無邪気な感受性に段々癒されていく。

不三家のポッチーをはじめ駄菓子をこよなく愛し
「お酢」「お酢」「お酢っ!」とヤクザに返事をする。
お気に入りのジョークは
「サンキュー」と言うと「ヨンキュー」と答えること。
くだらなすぎて、無邪気すぎてイライラから解放してくれる。
なんかほろっと笑ってしまう。なんだろ、これ。

ポテトチップスを口にはさみあひるの真似して
「があがあ」と鳴いてみたり。
ツーン。
お兄ちゃんも「があがあ」
ツーン。

荻原浩さんはツーンとさせるお話得意なんだな。
前に読んだ「さよならバースデイ」なんて
題名からしてさよなら設定だとわかっているのに
ツーンツーン…号泣だったし。
弱い者をかばってるようで
助けられていたのは自分だったとか
居場所がそこにある安心感とか
期待させない優しいかんじの何かがしみ出てる。

ま、「家族」ってだけでなんだかツーンとくるんだけど。
赤の他人の子供が運動会で走っているのを目撃しただけでも
何故か泣けてくるし
もはやその涙腺の弱さは年のせいかもしれないけど
家族ってね、
うまくいってもいかなくても泣けてしまうんだよね。

労働でへとへとになり人に疲れ果て
現代社会どっぷりの中
忘れてしまった人としての大事な気持ちを
失った訳じゃないと
自分も優しい気持ちを持ち合わせているんだと
感じさせてくれるツーンを
時々は味わってみようと思う。

途中で飽きたことを告白しているので
自信はないけど
色んな意味でハートが弱った人にはお薦めかも。


theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : 荻原浩 母恋旅烏

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

バブエット

Author:バブエット
気ままな読書が趣味の怠惰な会社員です。雑食系。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。