スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午前三時のルースター 垣根涼介


旅行代理店に勤務する長瀬は、得意先の中西社長に孫の慎一郎のベトナム行きに付き添ってほしいという依頼を受ける。慎一郎の本当の目的は、家族に内緒で、失踪した父親の消息を尋ねることだった。現地の娼婦・メイや運転手・ビエンと共に父親を探す一行を何者かが妨害する・・・・最後に辿りついた切ない真実とは。

少年は大人になっていく
ベトナムで失踪した父親を探す少年とおれ。



関わる人たちの思惑に振り回され
身の上に大事件が起こっているというのに
テンションが上がり過ぎない人たち。
自分の会社を心配し過ぎるわりに、
大胆に計画しすぎる祖父。
クール過ぎる少年と
かっこ良過ぎる添乗員。
でき過ぎる運転手と
タイミングが良過ぎる娼婦。
ついに探し当てた父親は強く賢い男だった。

異国の土地で走って戦って色々あって、
がんばってがんばって悪い人たちから無事に逃げ切って
ようやく再会を果たした親子。
よかった。会えた。
案の定ではあったけど
そこには別の女性もいて
父には父の生活があった。
自分の人生を生きる父を認める少年。
そして、別れの時。
息子に高価な時計を与える父親。

ざらっとした。
息子を捨てたことを許されたい気持ちと
子どもを心配する親っていう体裁
父親自身の成功の自慢が透けている
これをもってして
「お父さん、ありがとう」とは思えないんじゃないかって
逆に傷ついてしまうかもと。

時計を捨てた瞬間、
少年が大人になったってことなのか。


少年は、父親を連れて帰ろうとも
父親と一緒にいようとも望んではなかったんじゃないかと。
ただただ褒めてほしかっただけなんじゃないかなと。
父親の捨てた人生を自分は選ぶ覚悟で
自分の存在価値を認めてもらう最後のチャンスと
探しまわったんじゃないのかな。
そんな設定じゃなかったっけ?
動揺したり、感動したりはかっこ悪いのかな?
でき過ぎの展開に、ドキドキもせず読めちゃうんだけど
なんだかちょっと中だるみだった。
少年が、なんのために父親を探したかったのかを
読みながらも見失うという集中力の欠けようだったし。


サイゴンのホテルで聞いた
午前三時の一番鶏(ルースター)の鳴き声・・・

題名になった一番鶏のくだりがラストに出てきて
これが言いたかったのかと。長っ!



スポンサーサイト

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

バブエット

Author:バブエット
気ままな読書が趣味の怠惰な会社員です。雑食系。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。