スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噂 荻原浩

荻原 浩
新潮社
発売日:2006-02


「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の痛いが発見された。衝撃の結末を迎えるサイコ・サスペンス。
噂 荻原浩



妻を病気でなくし、女子高生の娘と二人暮らしの小暮刑事。
女子高生連続殺人事件が発生する。
被害者のひとりは娘の友人でもあった。

噂の発信源は広告企画会社の女社長である杖村。
彼女の斬新な戦略はWORD OF MOUTH。
ようするに「口コミ」を巧みに利用することにより
これまで見向きもされなかった商品を次々とヒット作に変えていった。

口コミの核となる商品にまつわる話を
あくまで「噂」として広めていくため
商品と絡めて印象に残るような噂話を作り出すのだ。

新ブランド、ミリエルという香水販売に企画されたのは
ニューヨークで大人気、芸能人も密かにつかっている、
そして、刺激ある噂とすべく
殺人鬼「レインマン」が追加された。
レインコートを着たレインマンは女子高生を殺し、足首を切るという。
しかし、ミリエルをつけていれば狙われないという設定だ。

渋谷の女子高生を発信源として
ミリエルのモニター会を開き
あくまでコミュニケーションの伝達調査として
ミリエルと一緒にこの噂を友達に話すよう依頼する。
予定通り、ミリエルは大ヒット。
商品を後押しする噂も女子高生の間で瞬く間に広がった。

そんな中起こった女子高生の連続殺人事件。
レインマンの噂通りに足首を切られた遺体が見つかる。
警察本部では
犯罪歴のある男を容疑者として追いかけている。
しかし、渋谷の女子高生から聞いた「噂」に気づき
「噂」を追いかけはじめる小暮と名島。
ついにレインマンとコムサイトが繋がる。

口裂け女のように
もはや誰がなんのため広まったのかわからない都市伝説。
誰も信用していない「噂」を中心に
頭の固い大人と大人を信頼しない女子高生が
徐々に距離を縮めて行く展開がおもしろかった。
名島刑事が作った噂の伝播マップ。
情報が錯綜し、
間違った人を犯人に仕立てあげる本部を横に
情報をまとめて
人に伝わる形にできる賢い名島さん。素敵。

実は、杖村さんにはSM女王という過去があり
その顧客であった大物たちを利用してのし上がったという裏話あり。
人物?職業?を蔑む設定が
荻原さんに馴染まないような気がしたけど
ありそでなさそな話でおもしろかった。

物売る会社で働く私。
口コミを利用して、販促を企画することもあるだけに
この本はフィクションであり、お話なんだとは思いつつ
杖村さんのムリのある企画?に「そう簡単に物が売れてたまるか!」とも。
売れればなんでもいいけど
口コミ戦略を完全に無視する体勢のメーカー陣営が
正攻法だけではダメだと言う経営陣とかぶってかぶって。
そこだけやけにリアルに沁み入る
私オリジナルのツボもある本でした。


スポンサーサイト

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

バブエット

Author:バブエット
気ままな読書が趣味の怠惰な会社員です。雑食系。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。