スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白の鳥と黒の鳥 いしいしんじ

いしい しんじ
角川グループパブリッシング
発売日:2008-11-22


たとえば某日。ねじまわしに導かれ、太ったひとばかりが住む村に行く。某夜、上野の立ち飲み屋台で国民的作曲家のよた話をきく。またある日、謎の珍味”こぎゅんぱ”に随喜し、獰猛な巨大モミジをみんなで狩りに行く―いしいしんじが聴き取った、ちょっと奇妙な世界の消息をお届けします。生きていることの不思議さと不気味さ、そして愛らしさがくるくるときらめく、万華鏡のようなショート・ストーリー集。


・肉屋おうむ
死に際の父親にラーが言った一言。
「おまえさん、むだじに、じゃないぞ」

・しろねずみ
・せみ子の黄色い傘

・カラタチとブルーベル
女優の双子。

・薄い金髪のジェーン
外人のほら話と駄洒落。
バンジョーと波乱万丈…

・オールド・ブラック・フォスター
・赤と青の双子
望まれない子ども。

・魔法のリコーダー
願いがかなう魔法のリコーダー。

・紫の化粧
おかまの切ない日常。

・紅葉狩り顛末

・すげ替えられた顔色
顔が盗まれた話

・ボウリングピンの立つ所
タクシー運転手の憂い

・緑春

・わたしの千食一夜―第百二十三回―ひらめ、アオヤギ、こぎゅんぱの巻
アオヤギという名の山羊

・白黒の鳥の声
鳥の言葉が人の言葉に聞こえ始めて
ドクタードリトルみたいになっちゃった話

・おっとせいを飼う
妻のためにおっとせいを飼い始めた夫。
別れるのに理由はいらないのだけど。

・薄桃色の猫たち
喘息の息子が飼うのは毛をかられた猫たちだった

・透明に関する四つの小話
・太ったひとばかりが住んでいる村



いしいしんじワールドを読み続け
お腹いっぱいになった。
おはなしを想像することがおっくうになるなんて。
老いだ老い。

子どもの頃は
「ウズベキスタンの話です」とあっても
それが人なのか動物なのか場所かなんてわからなかったし
知らないこと信じられない話があって当たり前
世界そのものが架空みたいなもんだった。
今だってウズベキスタンについては怪しいもんだ。
西の方にある国なのではないかとは思うが
都市の名前だよと言われれば
「そうか」と受け入れられる薄さ。
そんな程度でも
聞いたことあることとないことってのは
大きな大きな壁があるんだと。
でも、そういう文化や背景を知らなくても想像力さえあれば
物語は紡げるのだと思う。
うそこのごっこ遊びは
葉っぱ1枚がお皿となりお金となり
どんだけリアルにはなしを紡ぎだせるかで
真価が問われるわけで
獰猛な紅葉を狩りに行くと言われれば
鼻から疑ったりはせず
外国のジャングル辺りには
そんな紅葉があるのかもと想像したかもしれない。
そして今のこの架空を楽しもうとしようとする
その意識自体が、おお、かなり大人っぽいことなのか。
自分に都合のいい割と生々しい絵空事という意味の
妄想はやめられないけど。
これはこれで想像とおなじ遊びなのかな?

ちょっと悲しげだったり
雲が晴れないトーンに
時にやりきれない気分にもなる
いしいしんじさんの世界観。
こういうのもありっちゃありだけど
根っこにある寂しさが余韻となってしまって困る。


スポンサーサイト

theme : こんな本を読んだ
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

バブエット

Author:バブエット
気ままな読書が趣味の怠惰な会社員です。雑食系。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。