スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーの話 いしいしんじ

いしい しんじ
新潮社
発売日:2005-05-28


あまたの橋が架かる町。眠るように流れる泥の川。太古から岸辺に住み着く「うなぎ女」たちを母として、ポーは生まれた。やがて稀代の盗人「メリーゴーランド」と知り合い、夜な夜な悪事を働くようになる。だがある夏、500年ぶりの土砂降りが町を襲い、敵意にあらんだ遠い下流へとポーを押し流す……。いしいしんじが到達した深く遥かな物語世界。驚愕と感動に胸をゆすぶられる最高傑作。


うなぎ女、メリーゴーランドとその妹のひまし油、天気売り。
老人と少年と子どもという名の犬。
埋め屋の女房とその亭主。
海辺の町。

うなぎ女の子どもとして生まれたポー。
指と指の間に水かきをもち
水の中を自由に行き来する無垢な生き物。
国も町も生き物さえ架空な世界で
辛いこと悲しいことを体験していくポー。

写真てのは、つまり、大切な嬉しいものなんだな。
メリーゴンラドと出会って覚える罪悪感。
自分の気持ちを持て余し夜眠れないポー。
つぐないについて考える。

犬じじは言う。
「わしらはな、死んだ体をなによりも
大事に扱わなきゃならねえ。
この世の、どんなものよりいちばんにだ。」

さて。
ファンタジーなのか絵本なのか、この世界観。
うなぎ女てなんなんだ。ポーってなんなんだ。
架空の生き物がふわふわ。
なんだろ。
ポーはなんで罪悪感を持つのだろう。
「つぐない」という行為ってなんなんだろう。
フルフル。フルフル。

ひまし油は誰の子どもを身籠ったのか。

この世に誕生した瞬間から
自然の一部として
世界とつながっていることを
確かめずにはいられないことに
驚愕と感動に胸を揺すぶられることはない。

いいとも悪いとも
なんとも感想の持ちづらいお話。
ポーが無垢過ぎるのかいい人過ぎるのか
怒りとか焦りとか
日常に溢れているはずの感情がまったく欠落していて
どうにもふわふわしちゃってね。

スポンサーサイト

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

バブエット

Author:バブエット
気ままな読書が趣味の怠惰な会社員です。雑食系。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。