スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦しをん むかしのはなし


三ヶ月後に隕石がぶつかって地球が滅亡し、抽選で選ばれた人だけが脱出ロケットに乗れると決まったとき、人はヤケになって暴行や殺人に走るだろうか。それともモモちゃんのように「死ぬことは、生まれたときから決まってたじゃないか」と諦観できるだろうか。今「昔話」が生まれるとしたら、をテーマに直木賞作家が描く衝撃の本格小説集。
三浦しをん むかしのはなし ~A LONG LONG TIME AGO~



隕石衝突3ヶ月前という状況を
それぞれの立場で見つめる短編7話。
昔話をモチーフしているのも期待。
隕石衝突を迎えるまでの
皆の心境が徐々に理解できるようになっていくという
ついついぐいぐいと読んでしまう作りとなっている。


 ・ラブレス ~かぐや姫
父も祖父も男は27歳で死んでしまう早死に家系のホストが
やっぱり27歳でトラブルに巻き込まれ死にそうになっている。
それをひとりの女に実況中継メールをしている話。
正直、読みづらい。
かぐや姫とのリンクも意味もよくわからなかった。

 ・ロケットの思い出 ~花咲か爺
ロケットという犬を飼っていた男の話。
犬との散歩で培った目利きを生かして空き巣となる。
ひょんなことから飼い犬に似ている知り合いの男と共謀して、
女の部屋から物を盗み、逮捕されることになる。
不思議な自供の話。

 ・ディスタンス ~天女の羽衣
愛しの叔父さんはロリコンだった16歳の少女の話。

 ・入り江は緑 ~浦島太郎
ぼくは明日も海に出て、今日仕掛けた網を引き上げる。
もうすぐ世界が終わるというのに、入り江は今日も緑だった。

 ・たどりつくまで ~鉢かづき
女性のタクシードライバーかと思いきや
乗務員証に記されているのは男の名前。
行きたい場所は火星よりも木星よりも遠い。
私たちは生きている。
どれだけ終わりが近づいてきても、哀しいほどに生きている。

 ・花 ~猿婿入り
サルと呼ぶ男に押し切られ夫婦としてロケットに乗れた人。
宇宙のどこかのドームで暮らしているが
夫に対し、愛がないこと、もしくは愛があることを
カウンセリングロボットに話をしていく。

 ・懐かしき川べりの街の物語せよ ~桃太郎
モモちゃんと宇田さん、有馬と僕。
4人の高校生が迎える終末期。
存在感が神懸かり的なモモちゃんを囲んで過ごした夏休み。
そして、最後に語り伝えることとなる僕。

 ・あとがき
すべて、いま「昔話」が生まれるとしたらと考えた結果である。
とのことです。

そう。思い出すのは
伊坂幸太郎の終末のフール。
そして、つい最近もテレビでやっていたディープインパクト。
よくあるテーマの中で、
おもしろいかどうか見てやろうじゃないかの
いやらしい気持ちだったからか、
本当に、昔話効果を期待し過ぎたか。
正直言って、どの話も印象が薄い。
「むかしばなし」としての語り部はいいのだけど
どうにもこうにも厚みが感じられない。
強いて言うなら「入り江は緑」かな。
それとも、そういうことなのかな。
隕石衝突によるノアの箱船なんて薄くてよし!
ってしたかったのかな。

大好きな俳優が出ている長篇映画を借りたつもりが
20分のプロモーションビデオだったというような後味。
コレ書くのにもかなり読み返してしまったという始末。
私、ザンネン。



スポンサーサイト

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : 三浦しをん むかしのはなし

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

バブエット

Author:バブエット
気ままな読書が趣味の怠惰な会社員です。雑食系。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。