スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荻原浩 押入れのちよ


失業中サラリーマンの恵太が引っ越した先は、家賃3万3千円の超お得な格安アパート。しかし1日目の夜玄関脇の押入れから「出て」きたのは、自称明治39年生れの14歳、推定身長130cm後半の、かわいらしい女の子だった(表題作「押入れのちよ」)。ままならない世の中で、必死に生きざるをえない人間(と幽霊)の可笑しみや哀しみを見事に描いた、全9夜からなる傑作短編集。
荻原浩 押入れのちよ



表紙からしてちょっぴり怖い「押入れのちよ」他、
ホラーなお話がぎゅぎゅっと入っている。
なにも身構えずに「よし、また荻原さんだ」と読み始めたので
なかなか怖いことに気がつけなかったのだけど
丸きり油断でした。
結構、怖いのは怖い。あと、気味が悪い話とか。
「世にも奇妙な」のかんじ。


 ・お母さまのロシアのスープ
グリム童話とかにありそうな悲しい背景がある話。
双子の最後が衝撃的。

 ・コール
ドリカム状態の男女3人。
紅一点を射止め、結婚したが急死ししてしまった男が
幽霊となって化けて出てきて2人をまとめるという
思い残し系の幽霊。

 ・押入れのちよ
就職とか彼女とかいろいろとうまくいかない恵太くんが
引っ越した先で出会った「ちよ」は明治39年生まれの14歳。
幽霊というかその雰囲気からは座敷童の方が近い。
人相学ができちゃって幸福を呼びそうだし。
お隣の浪人生やヨマンさんなど登場人物も豊か。
短編だけど結構深いお話。「テダ・アパアパ」

 ・老猫
こ、これは気味が悪い!老猫の異色なお話。
これはもう読みたくないぞ。

 ・殺意のレシピ
ばあさんは山へキノコ狩りへ
じいさんは海へ釣りへ
ってなかんじで
夫婦ともなると
悲しいかな
考えることも似てきてしまうのか?

 ・介護の鬼
わからない。
介護ってわからないけど
人を残酷にするのは人ってこと。
人って怖い。

 ・予期せぬ訪問者
思わぬことで愛人を殺してしまう。
あとかたずけがなかなかできない面倒くさい話。

 ・木下闇
幼い頃に行方不明になった妹に
呼ばれるようにやってきた元々暮らしていた田舎町。
さて、妹はどこにいるのか。
フラッシュバックによる幽霊の主張。

 ・しんちゃんの自転車
身近な人が死んだら
こうやって気軽に出てきてくれると
嬉しいじゃないか。
そして、悲しいじゃないか。
どうしてしんちゃんは出て来れたんだろう?




スポンサーサイト

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

バブエット

Author:バブエット
気ままな読書が趣味の怠惰な会社員です。雑食系。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。