スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森 博嗣 少し変わった子あります


失踪した後輩が通っていたお店は、毎回訪れるたびに場所がかわり、違った女性が相伴してくれる、いっぷう変わったレストラン。都会の片隅で心地よい孤独に浸りながら、そこで出会った”少し変わった子”に私は惹かれていくのだが…。人気ミステリィ作家・森 博嗣がおくる甘美な幻想。著者の新境地をひらいた一冊。森 博嗣 少し変わったあります
ここは美しい孤独の生まれる場所
謎めいた料理店での出会いがあなたを甘美な世界へ誘う。



少し変わった子あります
もう少し変わった子あります
ほんの少し変わった子あります
また少し変わった子あります
さらに少し変わった子あります
ただ少し変わった子あります
あと少し変わった子あります
少し変わった子終わりました



あれ。あのCM。
サッポロビール「オフの贅沢」の世界観。

自称「孤独」を愛する自分を愛する男が
至福の時間を過ごす1軒の不思議なお店。
そこは、常に違う場所で営業しており
食事とともに提供するのは
一度きりしか会う事ができないというルールの女性。
これといってなんということもない普通の女性を相手に
なにかを話したり話さなかったりする自分を楽しむ男性。

知らない女と話たり話さなかったりすることに
病み付きになり、虜になっていく。
「孤独」ってそんなに都合よくもかっこもよくもないと思うんだけど。
よくわからないけど
風俗いくのと同じ感覚に見える。
男性観なのかな、これって。

最後の最後に主人公が入れ替わっていて…
人名など忘れてしまってよくわからなかったけど
きっとここが最大の「おお~」なのだろうとは思った。
しかし、読み直して追求したいほどの情熱もないというか
どっちでもいいやと思い本を閉じて終了。
ちょっときれいすぎてなんともね。
そんな、無気力系の雰囲気物デシタ。

スポンサーサイト

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

バブエット

Author:バブエット
気ままな読書が趣味の怠惰な会社員です。雑食系。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。