スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横山秀夫 真相

横山 秀夫
双葉社
発売日:2006-10


犯人逮捕は事件の終わりではない。そこから始まるもうひとつのドラマがある。
―息子を殺された男が、犯人の自供によって知る息子の別の顔「真相」、選挙に出馬した男の、絶対に当選しなければならない理由「18番ホール」など、事件の奥に隠された個人対個人の物語を5編収録。人間の心理・心情を鋭く描いた傑作短編集。横山秀夫 真相



 ・真相
 ・18番ホール
 ・不眠
 ・花輪の海
 ・他人の家

ドラマのその先を知りたい気持ちを満たしてくれるようなストーリー。
圧倒的に残念だったり、悲しかったり、切なかったりの結末は
そこに「真相」があるという期待感を裏切らない。
そして、なにより背徳感とも言える知ってしまった感がたまらない。
後味が嫌なかんじにならないのは
事件の真相には、悪意だけではなく人の弱さが垣間見えるから。
あんまり好まないタイプかと思ったけど、おもしろく読めた。

 ・真相
ガラスの親心…

 ・18番ホール
これは切ない

 ・不眠
「不必要な人間」と「必要な人間」
判断するのは「誰か」ってこと。


 ・花輪の海
棺に納められたる友人の亡骸を横に、止めどなく湧き上がる解放の喜び。
暴力支配の本当の怖さが秀逸。

 ・他人の家
佐藤さん…

スポンサーサイト

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : 横山秀夫 真相

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

バブエット

Author:バブエット
気ままな読書が趣味の怠惰な会社員です。雑食系。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。