スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦しをん まほろ駅前多田便利軒


まほろ市は東京のはずれに位置する都南西部最大の町。駅前で便利屋を営む多田啓介のもとに高校時代の同級生・行天春彦がころがりこんだ。ペットあずかりに塾の送迎、納屋の整理etc.―――ありふれた依頼のはずがこのコンビにかかると何故かきな臭い状況に。多田・行天の魅力全開の第135回直木賞受賞作。三浦しをん まほろ駅前多田便利軒 文春文庫



ヤクザに娼婦、犬と子供、老人と訳ありの過去とトラウマ。
便利屋という仕事を媒介に
おっさんふたりが必要以上に密着生活する話。

知り過ぎないことを求めるって
そんなのって無意味なのね。
わかるようなわからないような
おっさんたちの無垢なひっかかりにクスクス。
無理に結論を急がない終わり方も◎。
まほろ市は幻?

続編が出たようなので、ぜひ読みたいということを覚え書き。
「一人でいたい。だれかがいるとさびしいから。」多田啓介




スポンサーサイト

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : 三浦しをん 多田 便利屋 まほろ市

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

バブエット

Author:バブエット
気ままな読書が趣味の怠惰な会社員です。雑食系。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。