スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥田英朗 ガール

奥田 英朗
講談社
発売日:2009-01-15


わたし、まだオッケーかな。ガールでいることを、そろそろやめたほうがいいのかな。滝川由起子、32歳。仕事も順調、おしゃれも楽しい。でも、ふとした時にブルーになっちゃう(表題作)。ほか、働く女子の気持ちをありえないほど書き込み、話題騒然となった短編集。あなたと彼女のことが、よくわかります。
奥田英朗 ガール



 ・ヒロくん
穏やかな旦那さん(ヒロくん)をもつ女性が職場で揉める話。
男だからカクカク、女だからシカジカってね
その大き過ぎる括りがきらい。
「日本人て」「若い人は」「これだからB型は」って
いちいち括りが大き過ぎるんだよと思う。
どの括りにも大勢いるよ、人は。
そんな中には気の合わない人もいるだろうよ。
ってか、どんだけ多くの人と出会っているのって話。
これ、
気が合わない人と近づいて働くのは難しいよね
ってことにはならないのかな。
男尊女卑(ってほどではないけどさ)の今井くんより
いちいちのんびりした旦那でほっこりするガールに共鳴できずに悲鳴。
オカマじゃないんだから、いちいち女を出すなっつーの。

 ・マンション
物語は働く女性34歳がマンションを買うことを夢見る話。
もう、若くはない自分に気がついちゃったショック!
なんの因果か
秘書室の若い生意気な小娘とちっちゃい諍いが絶えないし
腰掛けのつもりだった仕事も
なんだか真面目に取り組んでしまう自分。
自分にご褒美でもあげて
いっきょに気持ちも盛り上げたいお年頃。
ある程度のことを自分で叶えることができるのって
幸せのようで悲しいことなのか。
おじさんとジョーク言い合えるのも
身の丈にあったセレクトできるのも
大人の女の魅力だよ。
マンションを買うなんてことも選べないプアさ加減だけど
どんどん重ねていくよ、若くない自分ってだけでね。
がんばれ私負けるな自分(涙)

 ・ガール
バブルの残り香を漂わせるガールを笑えないガール。
Girls Just Want to Have Fun
ん~。つまらん。
とにかく女の話はつまらん!

 ・ワーキング・マザー
きゃ~。
超ストロング!!働くお母さん登場!!
絶対にひとりじゃない人は強いって知っていながら
人はひとりでは生きていけないよと
真顔で言われる気がしてすくんでしまう。
謙虚で協調性と積極性があり頑張る母って、
も、こちらとしては無言で黙るね。そりゃ頭痛が痛いさ。
返す言葉もなく
圧倒的にごめんなさいと言いたくなっちゃうこの気持ちが切ない。


 ・ひと回り
ひと回り下のイケメンが気になってしかたがない女。
ありだと思う。ありだと。
嫉妬したり、哀しくなったり、それが良い刺激となるならば。

教えたがりでもなければ母性も少ないからか
私は人の若さがじれったい。
見るもの聞くもの新鮮で楽しくてたまらない様子も
尾崎ばりに斜に構えてるのも
若さゆえの全てがくすぐったい。
見聞きした出来事を自分なりに消化して
私好みにおもしろおかしく自分の言葉で話せる程度に
早く勝手に大人になってと望んでしまう。
が、男は体。
骨格がたくましくなる30過ぎからが魅力。
華奢な草食とかムリな熱きおばさん目線。


さて。
全体的にちょっとバブリーな女性像が鼻についたせいか
なんとも言えないといったふがいない感想。
奥田さんは
ちょいと気持ち悪い人ばかりでなく
おしゃれな女性も知っているぞって言ってみたかったのかな。
貴方の魅力はここじゃない!
と、大きな声で言っておこうと思う。
紙で指を切ったような血が出ない程度の切り傷をなぞるような話、
何度も触っては、痛い確認しちゃう
このかまいたちは地味に、しばらく痛いから嫌い。

私は男が好きだから、女の話には興味がわかないのだ。
きっと、そういうこと。

はい、おしまい。

スポンサーサイト

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : 奥田英朗 ガール

奥田英朗 町長選挙

奥田 英朗
文藝春秋
発売日:2009-03-10


町営の診療所しかない都下の離れ小島に赴任することになった、トンデモ精神科医の伊良部。そこは住民の勢力を二分する町長選挙の真っ最中で、なんとか伊良部を自陣営に取り込もうとする住民たちの攻勢に、さすがの伊良部も圧倒されて…なんとひきこもりに!?泣く子も黙る伊良部の暴走が止まらない、絶好調シリーズ第3弾!
奥田英朗 町長選挙



 ・オーナー
読売巨人軍元オーナーの渡邉恒雄らしき新聞社の社長が
暗闇恐怖症になり伊良部総合病院の世話になることになる。


 ・アンポンマン
ホリエモンこと堀江貴文らしき人物が
平仮名が書けなくなって伊良部総合のお世話に。
テレビからイメージするホリエモンが
言いそうなセリフ、反応が絶妙でおもしろい。
ホリエモンってお金もってなくても
結構おもしろい人だと思う。私は。


今、「忙しい」「時間がない」人と言ってる人の多いこと。
そのためか、やたら「合理化」が奉られてるけど
これはドが過ぎると、もしくは強要されると
人のやる気がなくなる諸刃の剣だと私は思う。
合理化が全てとえらくのさばりだすこともあるけど
合理化には得てして「味」がない。

以前、無職のとき
生活の合理化を押し進め
節約を突き詰めてみたことがある。
ただ単に貧乏でとっても必要に迫られた中
色々と考えあぐねた私が見つけたこと。
発見!私自身がいなければ1円もかからない!
それは、ちょっとしたひらめき感覚だった。
間違えた!と瞬時にね、死んじゃう!って話ですから。
これは、貧乏で鬱々としての発想ではなく
自由を満喫!無職生活の寿命をできるだけ延ばすべく
節約を突き詰めた結論がこれ。残念。
やっぱ、ご飯をちゃんと食べない味のない生活してると
ロクなことを思いつかないのかな。

結局、その他にいい方法も思いつかず
今はニート生活をあきらめて
一応、会社勤めをしている。
そして、会社ではどんどん合理化を推しはかる。
一刻も早く家に帰ってひきこもりたいから。
1分でも長くひきこもるために
さっさと仕事が終わる方法を考えるのだ。
会社に味わいなんぞ求めていない。
急がば回れと思うならどんどん回る。むしろ早めに回る。
人の仕事も手伝う。その人が終わらないと帰れないなら。
そして、風のように帰る。
ドツボる日もあるけど、うまくいく日もある。
それが私の美意識。

経済を考えると、合理化って必要なことだと思う。
しかし「合理化」を声高に叫ぶ人ほどに
「忙しい忙しい」とやたら騒いでいる気がしてならない。
意地が悪い私は
合理的に仕事してないから忙しいじゃないですかぁ?
と思ってしまう。
が、そもそも何が目的がわからない「生きる」ことについては
合理化はいらない。むしろ悪。
いいんじゃないの、いい加減でって思う、本当に。


 ・カリスマ稼業
女優が若作りに専念しすぎてつかれちゃったお話。
カリスマは期待しすぎると頑張っちゃう。
そして、若さは残酷だ。怖いものがない。
ああ。これは黒木瞳か…。


 ・町長選挙
島の年寄りに愛される伊良部。
「あほうは可愛い。気が楽でいい」

愛しの伊良部シリーズ。
私はこのシリーズを愛してやまない。
伊良部総合病院を訪れる
なにかしら問題を抱えた人々のコリをほぐすがのごとく
ただただ脱力自然体の伊良部先生。
読んでるだけの私も
軟体動物のようにぐにゃぐにゃになる。
やっぱり、これも
ああ、終わらないで!と思いながら夢中で読んでしまった。

おしまい。

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : 奥田英朗 町長選挙

奥田英朗 ララピポ


>みんな、しあわせなのだろうか。「考えるだけ無駄か。どの道人生は続いていくのだ。明日も、あさっても」。対人恐怖症のフリーライター、NOと言えないカラオケボックス店員、AV・風俗専門のスカウトマン、デブ専DVD女優のテープリライター他、格差社会をも笑い飛ばす六人の、どうにもならない日常を活写する群像長篇。下流文学の白眉!!
奥田英朗 ララピポ 幻冬文庫



友達が少なく努力が嫌いで運もない純粋な人の
そのコンプレックスとの壮絶な戦いを
肩の力…いや全身の力を抜いて、
違う何かも一杯抜いて描かれている。
奥田英朗さんの大好きなタイプが一杯でてくるでてくるでてくる。
出てくれば出てくるほどにひどい。
その人となりがズイズイっと見えてくるのが絶妙なんだけど
間違えて映画化とかされちゃったら鬱になりそうなくらいひどい。
ひどいけど愛らしく憎めないのはなんなんだろう。
「そうそう。」なんてうっかり共感しながら読むと
非常に後悔することになるから注意。
ルーザーの祭典。言い得て妙!

一、対人恐怖症のフリーライター、ヒロシ君
一、NOと言えないカラオケボックス店員の光一
一、AV・風俗専門のスカウトマン、栗野健治
一、デブ専DVD女優のテープリライター、玉木小百合さん28歳

友達がいて仕事もしてお金もあって…
ごく一般の普通に充実した生活しているような人は出てこない。
出てきたとしても必要に迫れてしかたなくうっすらと。
興味がなさすぎて、急にそこだけ下手になる。
そんな脇役さえおもしろい。

a lot of people





theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

バブエット

Author:バブエット
気ままな読書が趣味の怠惰な会社員です。雑食系。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。